IE7の利用者がIE6を上回った

IE7の利用者がIE6を上回った
殆どのユーザはブラウザにこだわりが無いのかも

インターネットを利用するユーザのうち、大半がインターネットでホームページを閲覧したり、買い物をしたりする程度のユーザなのではないのでしょうか?

とくに年配の方などは、Webブラウザの種類や、その使い勝手については殆ど知識がなく(あるいはブラウザの種類が複数存在する事も知らない?)、ブラウザのバージョンや、使用目的に応じてブラウザをインストールしたりバージョンアップしたりすることは無いのではないでしょうか?

ブラウザ変更はPC買い替えによるもの?

個人的な勝手な推測ですが、IE7のシェアが増えたいきさつはPCの買い替え時にバンドルされている、WebブラウザがIE7に変わったことが大きな要因ではないでしょうか?
ユーザは、IE7に乗り換えたのではなく、買い換えたPCがIE7になっていた。…そんな風に考えられます。

気になるのはIE全体のシェア

IE自体のシェアは確実に下がっているようです。
Firefoxの利用者はじわじわと増えているようですし、Operaのモバイル用ブラウザも浸透してきているようです。

専売特許のような存在だったMicrosoftの看板ともいえるインターネットエクスプローラですが今後、シェアの推移はどうなっていくのでしょうか?

IE8への期待もおのずと高まります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。