DOCTYPE宣言がないとIE7でも表示は古いまま

補足:XHTMLを使う場合の注意点
■XML宣言を書くとIE6で困る

XHTMLを使う場合は、文法上、DOCTYPE宣言よりも前に「XML宣言」と呼ばれる記述が必要です。ところが、IE6では、DOCTYPE宣言の前に余計な記述があると、DOCTYPE宣言を無視してしまいます。(Mac版のIE5や、Windows版でもIE7は問題ありません。)

XML宣言を1行目に記述したXHTML1.1のDOCTYPE宣言は、以下のようなものです。(文字コードがSHIFT-JISの場合)



先頭にXML宣言を書いてしまうと、IE6ではDOCTYPE宣言を無視してしまうため、「互換モード」で表示されてしまいます。ですから、(IE6でも標準モードで描画させたければ)XHTMLを使う場合はXML宣言を省略して、以下のように記述しましょう。


■文字コードがUTF-8なら文法的にも省略できる

XHTMLファイルの文字コードが「UTF-8」の場合は、XML宣言を省略できることになっています。ですから、文字コードをUTF-8にしてXHTMLを記述した上でXML宣言を省略するなら、文法的にも問題なく、IE6でも問題のないXHTMLになります。

■文字コードがそれ以外でも、実質問題にはならない

文法上はともかく、実際にはXML宣言を省略しても、「標準モードで描画させる」という点に関しては問題ありません。文字コードがSHIFT-JISなXHTMLでXML宣言を省略しても、どのブラウザも「標準モード」で描画してくれます。ですから、XHTMLを使う場合は、どんな場合でもXML宣言を省略しておくという方法もあります。


XHTMLのDOCTYPE宣言
XHTML 1.1 以外のDOCTYPE宣言でも、標準モードで描画されます。たとえば、以下のようなものが使えます。

●XHTML 1.0 Strict


●XHTML 1.0 Transitional


●XHTML Basic 1.0


XHTML Basicは、携帯端末向けのXHTMLです。 PC上のブラウザでも、標準モードで描画されます。携帯端末上でどのように表示されるかは、各端末のブラウザによって異なります。
携帯端末向けページなら、IE6で表示させる必要はあまりないでしょうから、DOCTYPE宣言の前にXML宣言を書いておいた方が良いかもしれません。

XML宣言は、文字コードがSHIFT-JISコードなら



と記述します。EUCコードなら


と記述します。JISコードなら


と記述し、UTF-8なら(省略可能ですが)


と記述します。
XHTML 1.1の場合でも、XML宣言のversion属性の値には上記のように「1.0」と書きます。(XHTMLとしてのバージョンとXMLとしてのバージョンは別なため。)

IE7の利用者がIE6を上回った

IE7の利用者がIE6を上回った
殆どのユーザはブラウザにこだわりが無いのかも

インターネットを利用するユーザのうち、大半がインターネットでホームページを閲覧したり、買い物をしたりする程度のユーザなのではないのでしょうか?

とくに年配の方などは、Webブラウザの種類や、その使い勝手については殆ど知識がなく(あるいはブラウザの種類が複数存在する事も知らない?)、ブラウザのバージョンや、使用目的に応じてブラウザをインストールしたりバージョンアップしたりすることは無いのではないでしょうか?

ブラウザ変更はPC買い替えによるもの?

個人的な勝手な推測ですが、IE7のシェアが増えたいきさつはPCの買い替え時にバンドルされている、WebブラウザがIE7に変わったことが大きな要因ではないでしょうか?
ユーザは、IE7に乗り換えたのではなく、買い換えたPCがIE7になっていた。…そんな風に考えられます。

気になるのはIE全体のシェア

IE自体のシェアは確実に下がっているようです。
Firefoxの利用者はじわじわと増えているようですし、Operaのモバイル用ブラウザも浸透してきているようです。

専売特許のような存在だったMicrosoftの看板ともいえるインターネットエクスプローラですが今後、シェアの推移はどうなっていくのでしょうか?

IE8への期待もおのずと高まります。

ブラウザ

2002.02.16 IE6の標準準拠モードがらみのメモ: 2001年6月の「IE6 CSS Tips」や2001年8月の「Internet Explorer 6 リリース」でも触れましたが、MSIE6には「後方互換モード」と「標準準拠モード」があって、HTML文書の最初の行にDTDを書くと(もちろんDTDを示すURIのことです、以下同じ)「標準準拠」になります。細かいことは色々あるでしょうが、このサイト的にいちばん問題になるのは、テーブルの左右の余白を auto にすることでテーブルをセンタリングするという手。標準準拠モードにしておけば簡単にできることで、IE6ベータの時点からそれでやってきてました。ところが――

いろいろあって、x2xというしくみを試験導入しました。黙ってテストしてましたがすでにトップページとarticles/4/xx/の合計約25ページは、これに置き換わっています。どのページでも、?xhtml=11 をつけて呼ぶと有効なxhtml1.1形式、?xhtml=10 をつけて呼ぶと有効なxhtml1.0形式を返すようになってます(通常は環境によって自動切り替え&両方に対応できる新しいブラウザで見るぶんには、ソースの細部が違うだけで表示上は違いなし)。もちろんソースのソースは同じ。同じソースのソースからHTML4.01なソースを生成することも容易ですし、相手がモジラとかならクライアントサイドでxmlから変換させるというのもアリだろうし最終的にどうするかまだ考え中……それはいいとして、問題は、上記のMSIE6の「標準準拠」とのかねあい。

もしxmlベースにして、今のeuc-jpで通すと、xmlとしては1行めにxml宣言を書くことが必須でした。が、上に書いたように、msie6は1行めがdtdでないと標準準拠モードにならず、autoというキーワードが無効になってふべん。

だから、プラクティカルには、IEを認識したら、xml宣言はしないで文書タイプの行から出力すればいいわけです。IEはxhtmlの場合、それでOK。単なるxml(HTTPヘッダがつくとは限らない)と違ってxhtmlではレスポンスヘッダでエンコーディングを教えているので、文書内でエンコーディングを明示しなくてもコーディングは分かるわけです。



COMPAQ Evo D3S(C-1.3G)(DVD.128MB.17TFT)

IE7を削除したらIE6がおかしくなった

Internet Explore Version7ダウンロード更新して、かなり不具合だったので、「プログラムの削除〜」でIE7を削除、IE6の状態に戻ったと思ったのですが、部分的に以前と違うというか、ファイルのアイコンがIE7の時のままだったり、ホームページ内のフレームにあるリンク(複数)を一度押すとそれ以外のリンクへは飛べなくなってしまったりと微妙に不都合が未だに起きます。
完全に以前の状態(IE6の状態)に戻したいのですが、DLしなおそうとしても「もうDL済みです」と拒否されたり、どうしたらいいでしょうか。

システムの復元を試してみてはいかがでしょう。IE7を導入する以前のポイントに戻せばOKだと思います。

[スタート]→[プログラム]→[アクセサリ]→[システムツール]→[システムの復元]

あとは「コンピュータを以前の状態に復元する」を選んで復元ポイントを指定してやればOKです。

きちんと削除してIE6にできない場合もあるようです。(経験済)
システムの復元で直らない場合は最悪再セットアップです。
僕の場合は再セットアップする羽目になりましたが。

IE6の再インストール手順です
http://support.microsoft.com/kb/883002/ja​
http://support.microsoft.com/kb/318378/ja​
これで直らない場合はパソコンを再セットアップして下さい。


COMPAQ Evo D3S(C-1.3G)(128MB.15TFT.XP)

IE7をIE6に戻した時の不具合について

一度IE7をインストールし、まだまだ不具合な点が多いなと納得をして、IE7を削除し、IE6に戻したのですがエクスプローラのMSN検索をしても表示はされるのに、クリックしてもまったく反応がなく、ホームページが開きません。
右クリックをして「新しいウインドウで開く」をすると別のページで開くのですが、普通にクリックしただけだと無反応です。
この状態を元に戻す事はできますか?

この内容をメモ帳で作成して実行するだけよいのですか?
http://www.akiyan.com/blog/archives/2006/02/ie7_beta2_previ.html​
URLの「IE7beta2uninstall_fix.reg」ダウンロードしインストールするだけです。
下記の内容は上記の物と同じですが、ご自分でメモ帳で作る方法です。
http://unknownplace.org/memo/2006/02/02​

>う〜ん・・・なにも変化が感じられない・・・
確認です
Windows update で「カスタム」スキャンで「Windows XP 用の更新プログラム (KB904942)」はヒットしたら、インストールして見て下さい。

#ベータ版ですから、修復方法やバッチは配布していないと思います
「IE6」のアンインストールなら有るのですが、この方法で「IE6」が完全に直る可能性は無いかな?
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;180176​
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;281679​
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;882868​

メーカーPCの場合「システム ファイル チェッカー (SFC)」はやめてくださいWindows CD-ROM が無いと出来ないからですって言っても役に立ちませんけど・・・
http://support.microsoft.com/kb/293907/ja​

注意:尚システム復元だけは絶対にしないで下さい
実行なら、リカバリーしかないですので・・・



VersaProNX_VA85J/RX(256MB)

市場シェア

マイクロソフトは独自規格の採用に積極的である。JavaScriptに対抗し、これとある程度の互換性を持つスクリプト言語JScript、独自仕様のスクリプト言語VBScript、Javaアプレットに対抗したActiveXコントロールなどIEのみで利用可能な様々な技術の実装を行っている。ブラウザ間の互換性が失われるため、この姿勢には批判の声もある。なお、VBScriptはWindows版IEのみがサポートし、Mac版では非サポートである。このように異なるプラットフォーム向けのIEの間でさえ互換性が乏しい。

入力補完、パスワード管理、画像縮小表示、印刷プレビューなど、バージョンアップ毎に次々と新機能を盛り込んでいくのがこのブラウザの特徴であった。しかし、現在では新しいバージョンのリリース間隔が長くなってきている。

Windows 98の登場以降、IEはWindows OSに無償でバンドルされるようになり、次第にウェブコンテンツを作成する側からは事実上の標準(いわゆるデファクトスタンダード)とみなされるようになった。また、Netscape Navigatorと比較するとレンダリングエンジンの表示時間が速く、OSとの関係も深いためブラウザの起動時間が速かった。それらの理由により最盛時には95%以上の市場シェアを占める事となった。

しかし、シェア占有後には開発が停滞し、既知の深刻な脆弱性に対する対策の遅延がたびたび発生し、多数の脆弱性が放置されていることがセキュリティベンダーによって指摘されるなど、IEのセキュリティ問題が深刻なものとなった。そのような中、FirefoxやOperaなどのセキュリティに配慮した次世代ブラウザが登場したことで、IEから他ブラウザへの乗り換えが活発化することとなり、第二次ブラウザ戦争が発生した。ユーザー離れが進んだことでIEの世界シェアは9割を切り、OneStat.comによる調査では2007年1月現在で85.81%と減少傾向が続いている。だが、やはりIEが大半のシェアを占めているのは事実であり、実際、Firefoxといった次世代ブラウザは更新が非常に盛んだが、IEの更新はほぼ数年単位であるため、マイクロソフト側は気にもかけていないようである。

また、一時期Mac OSやMac OS Xでのシェアも高かったが、現在では開発元のアップルコンピュータ社製ブラウザSafariの登場と、マイクロソフト社によるMac版IEであるInternet Explorer for Macの開発とサポートが終了したことでMacintoshでのシェアは低下した。マイクロソフト社も代替としてSafari等の使用を推奨している。


FMV-655NU8C/W(128MB・XP)


インターネット エクスプローラ

Internet Explorer(インターネット エクスプローラ)
マイクロソフトが開発するウェブブラウザである。バージョン6まではMicrosoft Internet Explorer、バージョン7ではWindows Internet Explorerが正式名称となっている。略称にはIE、MSIEなどがある。

対応するオペレーティングシステムはWindowsの他にMac OS、Mac OS XおよびUNIX(Solaris、HP-UX)があるが、Windows版以外のInternet Explorerダウンロードサポートは終了している。

IE6
2001年8月27日(Windows XPの発売の2週間前)に公開。このバージョンでは、DHTMLの拡張、CSSレベル1、DOMレベル1とSMIL 2.0への部分的な対応、内容制限されたインラインフレームのサポートがなされた。他にメディアバー、Windows Messengerの統合、エラー報告、自動画像サイズ変更、P3PとWindows XPビジュアルスタイル(「Luna」)での表示が新機能として含まれる。

Windows XP Service Pack 2による新機能と仕様変更
Windows XPのSP2適用後のInternet Explorerでは一部機能が変更され、メディアバーが廃止された。また、情報バー機能が搭載され、ポップアップブロック、ActiveXのインストール確認、ActiveXブロック時の警告、自動ダウンロードのブロック、ローカルファイルのJavaScriptとActiveX利用のブロック(ローカルファイルのみで起こる現象と知らず、ファイルをアップロードしてもこの問題が起こるのだと錯覚するユーザーも時折見受けられる)を画面上部で通知するようになった。
2006年4月の月例パッチによる仕様変更
パッチを適用済みの環境では、セキュリティの問題からActiveXを利用して埋め込まれるメディアプレーヤーやFlashの自動実行をブロックするように仕様が変更された。これによりマルチメディアの自動的な再生などは遮断されないが、埋め込まれたコントロールを操作するときは一旦クリックを行ってアクティブ状態にする必要がある。
尚この問題はウェブページ側の記述を変更することで回避可能。またIEコンポーネントブラウザは原則この影響を受けない。


IBM/Lenovo ThinkPad R31

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。